清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、ゲーム、タバコレビューなど趣味について綴ります

センター試験とAO推薦組

皆様いかがお過ごしでしょうか。清楚咲夜と申します。

そうえいば今日、明日(1月18日、19日)でセンター試験のようです。今回はなんとなく、で書いているので方向性は定まっていません。

また、昔の話なので流し程度に読んで頂いた方がいいかも。

 

まず、大学入試について。

大学入試(大学へ行く方法)としてあげられる方法を幾つか挙げていきます。

位が思いつきました。

私は出身高校が職業系(高専含む)でしたので、具体的な進路は中学生の時から「国公立でも目指すか!」という気持ちでいたため、学年内順位としては毎回5本の指に入っていた程度でした。中学時代は10~20位以内でしたけど。

偏差値は50~52程度の高校で「とりあえず内申点3.5以上あれば指定校推薦は確保できる」という程度。

内申点は高校1~3年まで平均しても4.6はあったと思います。(大学合格後、書類を見て4.66だった記憶があるので)

 

と言うことで本題に戻って、センター組と推薦組について。

私は先ほど記述したとおり、中学生の時から国公立を目指していましたので、「できれば楽して合格したいな~」程度に考えていました。

なぜ私立にしなかったか?についてですが、あまり早稲田慶応をはじめ、私立にいいイメージが無かったことが具体的理由です。遊んでそうな人が多いイメージでしたので。

 

ということで、高校3年生の夏まで「国公立大学」というビジョンはありましたが、具体的に進学したい先がなかったといいますか、決められていませんでした。各種進学相談イベントなど参加してみましたが、どうもしっくり来ず。

 

とりあえずインターネットで色々検索してみたところ、幾つかAO入試、推薦入試を行っている国立大学を見つけました。

具体例を挙げれば(他大学へ行きましたけどw)群馬大学とか信州大学とか。

で、推薦入試を受けてみたらスパッと合格してしまいました。

 

合格ということはどうでもいいのですが、世間一般的に言われている「指定校推薦及び推薦入試組はレベルが低い」について今回は軸を置いていこうかな、と。

正直、大学時代を思い出してみますと「9割あってるな」という感じ。

推薦で入った人はセンター組(もある程度はいますけど)に比べて単位を落としやすい。講義には出席しない、アルバイトばっかり、という感じでしたね。思い出して見れば。

まともに勉強している人はそうはいないんじゃ無かったかな。

悪く言うと「ずる賢く取れる単位は取るけど、普通に出席していない講義(出席点がかかる、教養科目、必修科目)はとことん落とす」人ばかり。

こういう人と、しっかりしている人を見ていると「国立大学ってこんなもんなのか」と思ってしまうほどでしたw

 

大学はある意味で言ってしまうと「社会的モラトリアム」であるので、何をするにもしたいことをすればいいと思いますし、自由と責任の関係でもあるので、自分からしてみれば「ご自由にどうぞ」って感じでしたけど。

 

これから大学へ進学を考える高校生に伝えたいこととしては「人の見極めは忘れずに」ということです。集団心理で悪いグループ(休みがちな)に入ってしまえば「まあ他の日に出ればいいでしょ」という思考に陥る傾向にありますから、人を選ぶセンスも必要かなと思います。

特に(全員がそうではないのですが)センター利用の入試ではない推薦組はどちらかというと講義に出ていない率が高い傾向にある(自分は毎回出席していたので大体把握していましたので)ので、内心で笑いながらも過ごせるような(大学生活にゆとりと余裕を持って過ごせるような)大学生活を送れるように祈っております。