清楚咲夜の日記

清楚咲夜の旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味の日記

アイドルマスターというコンテンツを好きになったきっかけ

はじめまして。清楚咲夜と申します。

今回は、「なぜアイドルマスターが好きになったのか」についてご紹介したいと思います。

ツイッターを合わせてご覧いただくと、話の理解度が深まると思います。

f:id:SeisoSakuya:20190212025043j:image

第一に、アイドルマスター との出会いです。

そもそも、音楽を聴くことが好きだったので趣味で東方アレンジCDを買っていました。EastNewSoundやいえろ〜ぜぶら(現在のあ〜るの〜と)、SilverForest(通称:銀森)やIOSYSなど。私の住んでいる長野県にはあまりショップが無いので、通販で購入していました。お気に入りはSYNC.ART’Sであったり、舞風-MAIKAZE-だったりしますが。

そんな時、レンタルCDショップに行ってみました。2013年くらいのことでしょうか。Skypeで通話していたネット友人とアイドルマスターについての話になりましたが、「そういや、アイマス知らんなぁ」というくらいの印象でした。

レンタルCDショップに行った時、たまたまアイドルマスター コーナーを見て「友人が話してたし、興味あるから聴いてみるか。よかったら継続して聴こう。」という感じでレンタルしていって帰って、早速PCへダビング。

借りたCDが「THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -COOL&BITTER!-」という、ベスト盤です。キャラも曲もあまり知らない(ニコ動で「とかちつくちて」全盛期を経験していたというくらいなので)なか、借りたアルバムをダビングとは別にCDプレーヤーとアンプを通して聴いてみました。

1曲目は「9:02pm (M@STER VERSION)」という曲で始まりました。その時の私は刺激のある音楽を求めていたので、飛ばしてTr.4「relations(M@STER VERSION)」を聴きました。

なんだこれ、音楽もヴォーカルも刺激的。カッコいい。音の厚みが!とゾクゾクする心が湧きたてられました。歌詞は三角関係を歌うものですが、聴いている者に印象的なメロディ、歌詞を与えるところが特徴です。

そしてTr.8「inferno」当時はキャラも何も知らなかったので「声が綺麗だな」という感じでしたが、ゆりしーの雪歩と千早さんの声が、綺麗で綺麗で…

儚さを感じる曲だったのを覚えています。

そして、今なお大好きなTr.15「Next Life」度肝抜かれました。

あの時からサイケトランスは聞いていましたが、51 Timesとかね、そういうのが好きだったんです。Next Lifeは、序奏の「あなたの遺伝子が 呼んでる」ドゥン!ドゥン!と今までにない衝撃を受けました。メロディラインも特徴的だし、力強さ、音楽から読み取れる情景が次々と出て止まることがないほどです。あれだけ刺激的なものを忘れることが出来るわけありません。次々とレンタルショップに行っては借り、CDを購入するようになりました。

f:id:SeisoSakuya:20151101230532j:plain

(Next Lifeは、ドライブするときにテンションのあがる一曲です。おすすめです。)

 

借りる→買うという段階を踏まえ、所有欲を満たすようになると次なるステップに進みます。

それからずっと、音楽に嵌る一方でした。。長く聴いているI’veの曲(高瀬一矢作曲の曲が好きです)の「Re-sublimity(リ・サブリマティ)」神無月の巫女OP曲とか、ひぐらしのなく頃に(島みやえい子)、Crossed destiny(KOTOKO)のCDを集めては聴きを繰り返すうちに、手元には数え切れないほどのCDがありました。

f:id:SeisoSakuya:20150715181357j:plain

※I'veの曲もそうですが、夜のドライブには最適です。

第二に、そういったものを繰り返すうちに、2018年に転機が訪れます。(正確には2017ですが)

グリマスを始めました。それ以前にはデレステ(サービス開始前の登録もしました)をやっていましたが、端末の性能が日に日に落ちてきて辞めてしまいました。グリマスは手軽にできましたので。

しかし、グリマスはサービス終了。はぁ、と思って2018年がやってきたわけです。

6月ごろ、暇すぎてミリシタを始めました。なんとなくミリシタが視界に入ったのです。神さまの何かしらのものだと思います。

ミリシタを始めるときは「デレステのようなものだしなぁ。」と思っていましたが、完成度の高さに驚きました。しかも、キャラクターは知っている子が多い!それは、ALLSTARSのメンバーがいるからでした。千早さん、雪歩、貴音さん、あずささん。知っているアイドルがいることに涙しました。

デレステはあまり知らなかったというより、アイドルの数が多いのです。ついていけませんでした…

AS組はホームみたいなものでしたし、アイドルマスターを知るきっかけとなったので、導入しやすくのめり込みました。

グリマスはちょこちょこっとやる程度でしたし、ログインボーナス回収して30分ほどプレイしたくらいですが、ミリシタはMVも綺麗だし、モデルもしっかりしている。そして知っているアイドル、アイドルを身近に感じられる。そういった工夫が良かったのかな、とおもいます。

始めて半年ちょっとですが、Lv.170を突破しました。ランクはSです。終わりのないゲーム(工夫次第でスコアが上がる)というのも自分に合っていました。サービスの不満店もなく、かわいいし、知っている。そんな理由で生活の一部です。

特に、音楽が素晴らしいので飽きることがありません。

箱マス(XBOXアイドルマスター,アイドルマスター2)やPS3のワンフォーオールを買うなど色々学ぶ部分もあります。

ミリシタに少しだけ、ほんの少しだけ要望するなら「仲間同士のトラブル」がもうちょっと欲しいかな、という感じですね。

いざこざあってこそのアイマスという感じですが、平和なアイマスも好きです。

互いに高め合って、成長していく過程をしっかりとこの目に焼き付けられれば、幸せです。

アイマス(AS,シンデレラ,ミリオンなど)の音楽が出続ける限り、アイマスを辞める(脱却)ことはできないでしょう。

AS組が卒業(といいうのが正しいのか)したときは、流石に凹むかもしれません。

コンテンツに永遠がないことは、覚悟しないといけないことですね…

 

乱文にお付き合いいただき、有難うございました。