清楚咲夜の日記

清楚咲夜の旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味の日記

ウィンストン キャビンレッド(旧 キャビンマイルド)のレビュー

こんにちは。

私が愛煙している「キャビン マイルド」のレビューを今回は行います。

 

ロングはこちらをご覧ください。

まずはじめに、今年の2月にパッケージ変更がありました。

f:id:SeisoSakuya:20190523231035j:image

キャビンは度々パッケージ変更をしていますが、今回はすっきりしたデザインです。

左から 2mg(旧パッケージ) 8mg(新) 8mg(旧パッケージ) 8mgロング(新)という具合です。

普段は100’sですので、キングサイズ(一般的なサイズ)の8mgをレビューしていきます!

 

f:id:SeisoSakuya:20190523231226j:image

ロングとの比較。ロングはタール8mg ニコチン0.7mgですが、普通サイズはタール8mg ニコチン0.6mgと差が見られます。

また、新パッケージではえんじ色(臙脂色)になりました。

旧パッケージは「キャビン レッド」というぐらいの赤色でしたが、今回は臙脂色に近く、品が感じられます

 

f:id:SeisoSakuya:20190523231332j:image

パッケージ変更のみならず、フィルターのコルク調にも変更があります。

ウィンストンの鳥をあしらったコルク調に変更されました。

国産(JT製品)でコルク柄は珍しいので、評価ポイントです。

 

f:id:SeisoSakuya:20190523231544j:image

拡大して撮影。

 

 

早速レビュー。

まず、普段がロングという前提で進めていきます。(ロングは後ほど作成予定)

まず火をつけてから、煙を吐き出すと甘さが感じ取れます。

よく「キャビンは苦い」と言われますが、これはあとで紹介しますが、半分を超えると苦くなります。

 

煙がスムースなので、メビウスほどではありませんが喉の通りが良いです。

そうと思って吸っているとメビウス(マイルドセブン)よりも喉に負担がかかることは確かです。

 

キャビンを愛煙しているので、たまに他のものを吸うと「煙の喉越し」が他よりもキャビンは強いと感じます。

 

甘さの中にある香ばしさということで、ロングの方が絶妙な味を感じやすい(個人差あり)のですが、匂いと味がチョコレートを焦がしたような、スイート感覚です。舌に自信があるという方は、ロングの方がお勧めかもしれません。

半分くらい吸うと味が変わってきたようば気がします。甘さの中に隠れた苦さが主張し始めました。

燃焼2分ほどは「甘さ>苦さ」だったのに「甘さ<苦さ」になりました。

苦さを感じるくらいからはコーヒーよりも、紅茶が似合います。

喫煙時間はだいたい5分ほどです。(正確には5分20秒)

これは、2.5〜3センチほど残している場合なので、個人差があるかと思います。

 

肝心な味と匂いですが、強く吸うとキャビン特有のキツさが現れます。うまく吸わないと味も悪いし、においもきつくなります。

うまく吸える方にぜひ味わっていただきたい銘柄です。

再度掲載しますが、「ロング」のキャビンはとても魅力的。

対抗商品「赤ラーク」についての感想です。