清楚咲夜の日記

清楚咲夜の旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味の日記

ケンウッド DP-1000(CDプレイヤー)のレビュー

今回はオーディオネタということで、ケンウッドのCDプレイヤー「DP-1000」の紹介です。

調べて見る限り、1985年製造なので2019年の今では34年前の製品です。

f:id:SeisoSakuya:20190407100317j:image

698(69800円)で勝負したCDプレイヤーということですが、実際に視聴してレビウしてみたいと思います。

ちなみに、所持しているCDPは

ソニー CDP-333ESJ

・当機

・デノン DCD-755AE

・ビクター XL-V501

です。

 

f:id:SeisoSakuya:20190407100524j:image

時間表示などはこういった表示です。
f:id:SeisoSakuya:20190407100442j:image

再生ボタンなど。大きくて使いやすい。
f:id:SeisoSakuya:20190407100535j:image

ABリピートなど、今のCDプレイヤーではリモコン操作が必須ですが、この年代のリモコンはあくまで付属品。本体で全ての操作が完結すると言ういいものです。
f:id:SeisoSakuya:20190407100502j:image

試しにスーパーユーロビートVol.72を再生。
f:id:SeisoSakuya:20190407100513j:image

CDを入れると、「DISC INDICATOR」が光ります。
f:id:SeisoSakuya:20190407100453j:image

再生してみました。デイヴ・ロジャースの「BOOM BOOM JAPAN」です。

上記の3機種に比べ音が太いです。

低音には芯がありますが、中音(ヴォーカル域)の音が深く、女性ヴォーカルのみならず、男性ヴォーカル曲も味が感じられます。

高音については、他のCDでヴァイオリンの音を視聴。

細すぎませんが、高音のレヴェルが低いのかあまり目立ちません。

ヴォーカル曲ではこういった結果ですが、最近の曲を聴いてみます。

f:id:SeisoSakuya:20190407101357j:image

アイドルマスター のプラチナスターズ(PS4)の曲である「Miracle Night」や「Funny Logic」と言ったEDM寄りの曲です。

Miracle Night に至っては、サビ前まで各キャラの声を活かした構成になっており、声を活かせるか試しました。

いおりんの「月が眠る 不思議な夜」から春香の「今が未来さ」

まで全域において声の柔らかさがしっかり表現されています。

声の表現のみならず、息づかいまでしっかり描写できています。

背景の音楽も高音を除けばかなりいい線行っています。

高音に至っては、スピーカー特性で選ぶ必要があると感じます。

オンキョーのSPではうまく表現しづらいですが、ダイアトーンなど駆動に大きな力を要するスピーカではこのプレイヤーはベストマッチと言えます。

また、低音の響き方(周波数がカーブを描いて落ちるような)に特徴があるパートも楽しめます。

34年前とは思えない性能です。

比較する方がおかしいと思いますが、CD出始めの頃より、最近のプレイヤーはお金がかかっていないので、デノンDCD-755AEにはがっかりしました。

機会があれば、755AEの方もレビウしたいと思います。