清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味について綴ります

プルームテックプラス ゴールドローストのレビュー

前回のパープルミントに続き今回は「ゴールドロースト」のレビュー・評価を行います。11月1日新発売のものです。

正式名称は「メビウス・ゴールド・ロースト・プルーム・テック・プラス」

コンビニのローソンで500円(キャッシュレス決済で490円)で購入しました。

それでは早速、箱を見ていきます。

f:id:SeisoSakuya:20191101125210j:image

パープルミントよりも「ロースト感」が分かりやすいパッケージです。

一見すると全体が茶色に見えますが、印刷は金色のような感じをしていて「ゴールド」にふさわしいです。


f:id:SeisoSakuya:20191101125201j:image

こちらにも「新税制」について書いてあります。説明は省略します。こちらをご覧ください。


f:id:SeisoSakuya:20191101125218j:image

JTの方に「テイスティング」の際に「私、キャビン吸っているんですけども、プルームテックプラスにも今後新しい銘柄として「キャビン」みたいな感じの苦さと甘さを両立したのが欲しいですね」と語ってみたのですが(その時にはプルームテックプラスは「ロースト」がありましたが)今回は私が「是非!」とお願いした銘柄3つもリリースされました。


f:id:SeisoSakuya:20191101125207j:image

リキッドには「ROAST」と記載があります。


f:id:SeisoSakuya:20191101125157j:image

それでは装填し、吸ってみましょう。

 

レビュー

こちらの項目では毎度ではありますが、「味・におい・吸い心地」などの感想となります。

気になるのは「ゴールドリーフ」という厳選された煙草葉を使用している点でありますが、従来の「ロースト」に比べてより「キャビンのような感じ」が強まっている点があります。それでは各項目「ゴールドリーフ」との感想を含めてご覧ください。

 

まず味について

最初(3パフ目ぐらい)までは「どこかで吸ったことのある嫌みが残る感じだな」と思いました。そうです。「プルームエスのレギュラー」これが結構喉に残る嫌みがあって似ている感覚がしました。

が、途中から結構変わりました。

キャビンを愛煙しているというのもありますが、結構「キャビンに似てるな」と思うことがあります。

喉への負担、吸っている時は苦みを感じるが煙を吐き出す時の甘さ―。ローストブレンド(現行はキャビンロングですが)のようなまさに「プルームテックプラス版のロースト」という感じ。

私、結構これ好きですわ。

 

続いて気になるにおい

これも「吸ったか分からない程、においが残らない」という感想です。

キャビンは結構においが残るので、「あ、こいつ吸ったな」と思われてしまうことがあり、家族で宿泊しているシーンなんかだと気を遣うのですが、これは「におい?わからん」という感じで(喫煙所で吸っていますが)気にせずいけちゃいます。

 

そして肝心な吸い心地

キャビンのロング(8ミリ)と同等と言ってもいいくらいに穏やかで、繊細且つ重みのある吸い心地です。

JTの方いわく実質6ミリ相当らしいですが、結構強めの部類だと思います。

 

と言うわけで、今回は「ゴールドロースト」のレビューでした。

 ↓こちらは11月1日発売の「パープルミント」です。