清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、ゲーム、タバコレビューなど趣味について綴ります

クールループド サングリアのレビュー

今回は、2020/03/16新発売の「クールループド サングリア」を購入してきたので、味などの感想・評価・レビューを行っていきます。

地域によっては、17,18日発売の場所があります。

価格は360円です。

 

さて、いつものようにパッケージから観ていきます。

f:id:SeisoSakuya:20200316171416j:image

今回、新発売になったのは「クールループド」シリーズからベリー風味の「サングリア」(kool looped sangria)です。

サングリアとは、辞書によると「赤ワインにレモン・オレンジなどの果汁を混ぜて作る,スペインの代表的な飲み物。」とのこと。

パッケージは紫色です。


f:id:SeisoSakuya:20200316171419j:image

クールのペンギンがデザインされており、裏面には「北海道ミント」の表示があります。

また、卵みたいなイラストもあります。


f:id:SeisoSakuya:20200316171423j:image

開封してみました。

タバコの写真です。クールループドは「紙ではなく、タバコ葉で巻かれている」ので、紙巻きでは無いため、税制上、重さで価格が決まります。

そのため、360円なのです。

おや?フィルター部分に「卵のイラスト」が確認できました。もしかしてカプセル入り?

 

レビュー

いつものように、たばこに火を付けます。

そうそう、フィルターにあったのはカプセルでした。メビウスのオプションパープルとかケントのアロマみたいな感じの。

 

まずは、カプセルを潰さずに吸ってみましょう。

潰さずに吸うと、標準的なクールループドのような「強いミント感」はありません。やや弱めのメンソールみたいな感じ。それ以上でも、それ以下でもない「メンソールたばこ」って感じの味。

 

それでは、潰して吸ってみます。

「あ、どこかで吸ったことのある味だ」

それに加えて「うまい…」と思いました。

 

そう、ケントクリックアロマの味です。

惜しくも、昨年の秋頃に廃番となってしまいましたがまさかここで、あの味に再び出会えるとは…

感動の再会を果たしたくらいに嬉しい。「ケントクリックアロマ」の味が結構好きだったので、うれしさMAX。 

 

メビウスの「オプションパープル」とはまったく異なる味わいで、果汁感が「じゅわっと」広がる味と言いますか、昔売っていたガムの「kiss mint」みたいな味の広がり方です。

オプションパープルの方が「キリッとした爽やかさ」に対して、こちらは「果汁感を大切にしたベリー風味」なので、とても好感が持てます。

 

う~ん。ベリーの味が口の中に広がって…OC!

 

でも、純正の「クールループド」とはまったく異なるミント感で、どちらかと言えば「フレーバーメンソール」系の味です。

「クールループド」は、このブログを加速させたものなので、「どれ買おうかな」と言うときにはたまに買っています。

 

吸いやすさとしては◎

強いミント感ではなく、フレーバーが一体となって優しさを醸し出しています。

感覚としては紙巻きで5ミリくらいってところですかね?

そこまで重くは無いな。

パッとしたタイミングでスッと吸えるので気分転換にはアリ。私は運転が好きなのでこういった「ちょっとの気分転換」ではフレーバーのほうがいいんですよね。

 

まあ、フレーバーメンソールは4分吸えればいいかな、と言う製品が多いので、そういった意味では今回の「サングリア」は360円で買えるのであれば、良い方。

 

BATやるじゃんか!

 

同日発売の、トロピカルはこちらから。