清楚咲夜の日記

清楚咲夜の旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味について綴ります

赤ラーク ロング のレビュー

今回は「赤ラーク」の通称で愛されている「ラーク 12mg ロング」のレビューです。

むか〜しCMで「Speak LARK」というフレーズがあって、印象的でした。

普段キャビンのロングを愛煙している私にあうのでしょうか!?

f:id:SeisoSakuya:20190528201420j:image

外観はこんな感じ。

キャビンの1世代前の色と同じ赤色です。

 

f:id:SeisoSakuya:20190528201452j:image

現行キャビンとパッケージ比較。

日本車と外車のような違いがあります。

キャビンはGRS19系のGSのような丸さで、ラークはW126あたりのメルセデスベンツ Sクラスのような感じ。

 

f:id:SeisoSakuya:20190528201607j:image

タール12mg ニコチン1.0mgです。

やっぱりキャビンは、臙脂色という感じですね。好きです。

 

f:id:SeisoSakuya:20190528201649j:image

封には「INTERNATIONAL TASTE EXPERT」のエンボスがあります。パーラメントのような感じですね。

 

f:id:SeisoSakuya:20190528201759j:image

フィルターはコルク柄。

 

f:id:SeisoSakuya:20190528201817j:image

キャビンのコルク柄と比較です。

旧キャビンはラークのような柄でした。

 

感想(レビュー)

キャビンとラークは競合製品と呼ばれていますが、喫煙した感じだと「全く違う」印象を受けました。

 

ラークはキャビンのような甘さがありますが、キャビンのようなとがったテイストではなく、丸まった感じがします。

キャビンのメビウス版=赤ラーク

という感じでしょうか。キャビンをマイルドにした感じ。

 

甘さはキャビンより控えめです。キャビンはチョコレートを焦がしたようながっつりした甘さですが、赤ラークは隠れた甘さです。甘さとはいってもキャビンのような「がっつり」した甘さではなくて、ほんのりとした甘さです。

 

においに関してはラークの方が甘い印象を受けました。それだけにおいが強いのかもしれません。

初 赤ラークでしたが、キャビンとはまた異なるキャラクターで「あり」だと思います。

どちらも似ているようで似ていないので面白いです。

吸い殻が「ザ・チョコレート」の匂いですね…

 

競合製品の「キャビン」もご覧ください。