清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味について綴ります

ラーク トロピカルアイスメンソールのレビュー

今回はやっと見つけた「ラーク」のメンソールシリーズタバコ、「トロピカルアイスメンソール」のレビュー・評価を行います。今回、イオンで買い物してたら見つけました。450円です。

実はこれ、相当レアなのです…売っているお店少ないので。

f:id:SeisoSakuya:20190730201925j:image

パッケージは「トロピカル感」を感じるオレンジ色。今回は5ミリですが、1ミリはロングとなっています。


f:id:SeisoSakuya:20190730201915j:image

次回レビューしますが「ラーク アイスミントスプラッシュ」と色の比較をしました。ラークトロピカルは「-22℃」という記載がありません。この-22℃というのは、ミントが結晶化する温度らしいです。


f:id:SeisoSakuya:20190730201942j:image

タール5ミリ ニコチン0.4ミリと、一般的な5ミリのタバコと変わりませんね。


f:id:SeisoSakuya:20190730201935j:image

光を当てて撮影しました。オレンジ色が夏のパッションさとトロピカル感を感じていいですね!うろこのようなエンボスもあります。


f:id:SeisoSakuya:20190730201931j:image

封を見てみましょう。「トロピカルアイス カプセル」という記載があります。メンソールらしさを感じますね。


f:id:SeisoSakuya:20190730201919j:image

カプセルは空気穴の前に搭載されています。

 

レビュー・評価

封を開けてみるとトロピカル感があるのかは微妙な感じで、何かフルーツのような甘い匂いがします。

まずは、カプセルを潰さずに喫煙。ラーク本来の味とは異なりますが若干の甘さ・苦さを感じます。

次に潰して喫煙。潰すと若干の甘みが増します。味ですが、なんというのか車の芳香剤のような甘さ。ムスク系の甘さではなく、フルーティな芳香剤の匂いがするやつを車の中で満喫しているような感じです。その味が鼻を通して伝わってくるので「トロピカル」と言うだけあるかもしれません。楽園感を感じるというか…

紙巻だと似ている!と言う銘柄がないのですが、iQOSだと「おそらくラークの後継なんだろうな」という銘柄はあります。

 

紅茶(レモンティー)が似合うタバコだなあ!と言う印象です。楽しい時、気分が沈んでいる時に最適です。

メンソール強度に関しては「あまり強くなく、すっと引くがしっかりメンソール」という感じです。

メンソールの強さは「ウィンストンパープルメンソール」が弱いことは確かなのですが、そこまで弱いという感じではありません。

 恐らく、「ケント クリックアロマ」くらいの強さで、ケントよりカプセルを潰した時のフレーバーが強いという具合です。
色々吸ってきましたが、長年気になっていた「ラークトロピカル」に巡り会えたこと自体よいことですが、色々な煙草を吸っていると「○○のタバコに近い」という印象が浮かんできてよいですね。

次回は「アイスミント」なので、お楽しみに!!