清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、ゲーム、タバコレビューなど趣味について綴ります

ラッキーストライクフィルターシガリロライトのレビュー(スリムではない方)

皆様いかがお過ごしでしょうか。清楚咲夜と申します。

2020年3月30日新発売!ラッキーストライクから新たにスリムでは無い通常の大きさの、フィルターシガリロが登場しました。

ラッキーストライク・フィルター・シガリロ・ライト」です。

近所のローソンで購入。

価格はなんと340円! キャメルより安い!

というわけで、毎度のように味などの評価・レビューを行っていきます。

メンソールはこちらから。

 

まずはパッケージから見ていきます。
f:id:SeisoSakuya:20200330172201j:image

普通の太さ(今回はキングサイズ(KS)表記とします)で、昨年発売された「スリムタイプのラッキーストライクガリロ」とどのように異なるのか、きになります。

 

f:id:SeisoSakuya:20200330172155j:plain

キャメルシガーのスリムと比較。

箱の大きさが段違いですね。ちなみに、ライトのみの展開。少し残念。


f:id:SeisoSakuya:20200330172207j:image

ガリロ(リトルシガー)なので、タールニコチンの表記がなく、たばこ税も「重さ」換算なので、今回の低価格になったのだと思います。


f:id:SeisoSakuya:20200330172204j:image

それでは開封してみましょう。

封の紙は金色で、ラッキーストライクの「エキスパートカット」と同じような感じです。


f:id:SeisoSakuya:20200330172212j:image

タバコの写メ。

「ライト」だからか、空気穴が結構目立ちます。

また、巻いてある紙(葉巻に区分されるので、通常の紙巻と同じ紙では無い)は段ボールのような色合いをしています。

 

レビュー

このところ、JTもBATも「リトルシガー」に注力しているような気がしますが、果たしてどのような味なのか、吸ってみます。

また、キャメルシガーとの違いも一応書いておきます。

 

まずパッケージを空けてすぐ吸ってみます。

ん?若干辛味が目立つかな?

味に関しては、いつもキャビンを吸っているということもありますが、一吸い目の味がややキレのある「辛味」というように感じました。

 

さて、進めていきましょう。

クールスモーキング(優しく吸う、浅く長く)をしているのですが、どうもこの銘柄は

  • 喉に通すと辛味を感じる
  • 口の中でたゆたわせると「甘さ」を感じる

銘柄ですね。

 

かなり燃焼速度が速く、2分ほどで半分まで燃えてしまいました。

 

スリムタイプとKSとの比較ですが、個人的には「ライト」があっても通常の重さ(ライト表記なし)のスリムタイプが選べるという点も含めて、スリムの方がいいかな?と言う印象。

 

というのも、具体的には「スリムの方が味が濃い」からです。

深い味わい、芳醇なコクが感じられる「スリム」のほうが僕は好きですね。

KSの場合、ライトしかないので「軽さ」が目立ってしまって味が隠れてしまっている(スリム比)印象です。

 

吸い応えとしては「だいたいタール5、6ミリくらいかな~」といったところ。

 

キャメルシガー通常版

 

キャメルシガーライト版

 

この2つ(恐らくライバル関係であろう銘柄)を比較しまして、ラッキーストライクのシガーKSは「キャメルシガーライトに比べるとやや重く感じるが、味に関してはキャメルシガーのほうが良い」という評価です。

 

まあ、価格差は20円くらいですし、気分で交代させるのもいいんじゃないですかね?