清楚咲夜の日記

清楚咲夜の旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味の日記

マルボロ アイスブラストのレビュー

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回はメンソールたばこの王道といっても過言ではない「マールボロ アイスブラスト メガ」のレビュー・評価を行います。通称「アイブラ」とか「アイスブラスト」と呼ばれており、青色のパッケージが特徴的です。

私自身、あまりマルボロの味が好みではなく、初めてのマルボロシリーズ購入です。

f:id:SeisoSakuya:20190828120755j:image

パッケージは黒と青を基調にしたデザインです。マールボロの特徴的なロゴと5角形?、そしてカプセルがデザインされています。

今回買ってきたのは8ミリです。タール8ミリ、ニコチン0.5ミリです。
f:id:SeisoSakuya:20190828120713j:image

中の封は黒色です。男性がスーツを着ている印象でしょうか。全体的に、引き締まった感じがうかがえます。
f:id:SeisoSakuya:20190828120709j:image

一本取り出してみました。はじめに感じたのが「意外とミント感が薄い!」ということです。ラークとは根本的に違うのでしょう。

 

レビュー・評価

 まず、私のサイトでレビューしている他の製品をご覧ください。

メンソールで代表的なものとして「メビウス オプション」などがあります。それを踏まえて色々感想がありますので記していきます。

今回吸った「アイブラ」ですが、カプセル(ボール)を潰さなくても爽快なメンソール感が得られます。私が吸ったことのあるマルボロは「マルボロ ゴールド」なのですが、メンソールではないということもありますが「辛味」が強く感じられました。その一方でこちらのアイブラは「苦み」が強いと感じました。

 

まず、カプセルを潰さずに喫煙してみますとそこまで苦みは感じませんが、オプションのカプセルを潰さない時よりもメンソールは強いです。後ほど記事を書きますが、アイブラの対抗製品として「ラーク アイスミント」がありますが、ラークの場合は潰さなくても「ミント感」が強く、チョコミントのような甘さと匂いが広がりますがこちらはそういった印象はありません。

 

では、カプセルを潰してみます。おお、強メンソールだ。メンソールの強さは正直言うとオプション系よりマイルドなメンソールだな、と言う印象です。メビウスオプションのメンソールは「ガツンと、爽快に」喉へ通り抜けますが、アイブラは「ふわっとした強メンソール」という感じで次第に強くなる印象です。

f:id:SeisoSakuya:20190704101158j:plain

他にも「ケント クリックアロマメンソール」をレビューしていますが、メンソールは弱いものの「じゅわっと芳醇な味わいのカプセル」が印象的なケントに対してアイブラの「ミント」は弱いと感じました。

オプションは「ガツンと強いフレーバー」、メンソールアロマは「じわじわ芳醇に香り、愉しむフレーバー」ということを踏まえてアイブラのカプセルを潰した味の感想です。

カプセルを潰す前までは「苦み」がさほど感じられませんでしたが、潰して2回ほど吸った瞬間に「あ、苦いわこれ。」と感じました。恐らく、今までレビューしてきた中で感じたことのない苦みです。

8ミリという重さが影響しているのかもしれませんが、「ミント」とは少しかけ離れている印象です。これがマルボロの味なのかもしれませんが。喫煙後のフィルターを見てみるとさほど吸っていないのに、凄く茶色になっていて驚き。煙が濃いのかもしれません。

吸い方・総評

アイスブラストの吸い方ですが、クールスモーキングしたときと雑に吸った時で比較してみましたが、クールスモーキング向きではないことがわかりました。ゆっくり吸うというのは変わりありませんが、煙を吐き出すのにコツがあります。マルボロの特性で煙が濃いので、一気に煙を吐き出すイメージです。

結論としては、(個人的にですが)あまり美味しくないな、と思いました。以前、ダブルバーストのマルボロ(確かトロピカルフレーバー?)を買ったことがあるのですが、あまりにも不味くて15本残して捨ててしまいました。それに比べてそこまで「不味くない」のですが、せっかくの「ミント」が隠れてしまっていて「タバコ+メンソール+ミント」の一体感がない、と言う印象です。ミントに関してはラークの方がいいかもしれません。