清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、ゲーム、タバコレビューなど趣味について綴ります

新型プルームSのレビュー

皆様いかがお過ごしでしょうか。清楚咲夜と申します。

先ほどは年齢確認にご協力いただき、ありがとうございました。

JTが2020年7月に発売した新型プルームエス(Ploom S 2.0)を入手したのにもかかわらず、紹介・レビューできていなかったので、プルームSの購入を考えている方、iQOS/gloからの乗換を考えている方に向けて、しっかりと紹介を行っていこうと思います。

値段は3,980円でした。

 

まずは、開封までの写真から。後半に評価・レビューとなります。
f:id:SeisoSakuya:20200723021832j:image

プルームSは限定色「アイス・シルバー」が設定されています。今回入手したのは限定色「プルームエス アイスシルバー」です。


f:id:SeisoSakuya:20200723021829j:image

今回、新しくなったプルームSは後述しますが「テイスト・アクセル」という機能が備わっており、従来のプルームSよりも「メンソールの爽快感」を強め、レギュラーでの味わいも改善したとのことです。

また、1回の充電で「20本」吸えるようになりました。


f:id:SeisoSakuya:20200723021826j:image

本体はこんな感じです。

無機質なシルバーっぽい気もしますが、「アイス・シルバー」と言うこともあって「冷たさ」のある銀色です。


f:id:SeisoSakuya:20200723021839j:image

充電は「USB Type-C」のようです。最近はスマホもType-Cのものが増えてきましたから、既にケーブルを持っている方はスマホの物を使ってもいいのではないでしょうか。

 

さて、今回のヴァージョンアップでは主に2種類の改善が行われました。
f:id:SeisoSakuya:20200723021847j:image

まずは「1回の充電で使用できる本数」です。従来のプルームSは「1回の充電で10本」しか吸えなかったのですが、Ver. 2.0になったら「1回の充電で20本」しっかり吸えるようになりました。

後ほど使用感を記載していきますが、「1回の充電で20本吸えるのはありがたい」と思います。充電を気にしなくなりました。


f:id:SeisoSakuya:20200723021844j:image

第二に「テイスト・アクセル」機能です。

充電して使えるようになったら、既に「テイスト・アクセル」がオンになっている状態でした。

目印は「本体上部」のLEDが緑色になっていること。これが「テイスト・アクセル オン」の目印です。

主な改善点には

  • メンソールの爽快感が強まる
  • レギュラーのうまさが深まる

とのこと。その点、しっかりとレビューをしていきます。

 

レビュー

今回は以下の銘柄を吸ってみました。掲載リンクですが、キャメルに関しては「プルームS Ver.2.0」でレビューしたもの、「メビウス メンソールパープル」に関しては「従来のプルームSでレビューしたもの」ですが、今回、この記事で書いているのは「全て新型プルームS」でレビューしたものとなります。

新型プルームSで試してみる銘柄はこの3種類。

1つ目:メンソールパープル

プルームSの全国発売と同時に販売開始された銘柄。

2つ目:キャメル メンソールイエロー

こちらは「新型プルームS」の発売と合わせて販売開始された銘柄

3つ目:キャメル メンソールレッド

同上。

 

早速、吸った感想ですが、総合して言えることは

確実に味が良くなったことです。

新型プルームSには「従来の加熱モード」が備わっているので、「テイスト・アクセル」のオンオフ(切替はボタンを素早く3回押す)で比較です。

LEDが青色(従来の加熱モード、テイストアクセル・オフ)の方ではメンソールの爽快感はあるものの、「キャメル メンソールレッド」では「アップルの味がしない」結果に。

 

一方でLEDが緑色(テイスト・アクセル オン)の状態で、同銘柄を吸ってみたところ

明らかに「メンソールのキレ」が良くなっていますし、アップルフレーバーらしさが表現されています。

これは「メンソールイエロー」も、「メンソールパープル」も同じなのですが、吸い応えを更に求めるのなら「メビウス プルームエス用」をおすすめします。

良くなった点を挙げてみます。

  • 味の向上(表現力が改善)
  • メンソールのキレ味増加
  • 後に残る味も改善
  • 吸い応えアップ

この4点です。

正直、メンソールの強度は「iQOS」「glo」よりも上だと思います。それでいて、ニオイもiQOSより少なく、高温加熱式たばこ特有の「嫌な風味」、「後味」がほとんどしなくなっているのは流石というポイント。

逆に、テイスト・アクセルをオンにしたとき「あっ」と思ったのが「最初の1吸い目」の熱さ。

正直、iQOS・gloよりも熱いです(笑)

ただ、それは一吸い目だけなので慣れてしまえば、文句なしのポイントです。

加熱式たばこでは「glo hyper」と同じく3,980円なのですが、glo hyperよりも沢山使っています。

おすすめな使い方としては

「iQOSと新型プルームSの2台持ち」だと私は思います。

吸い応えの「iQOS」と、強メンソールかつニオイの少ない「新型プルームS」は最強のコンビです。

 

前モデルのプルームエスは「1充電で10本」と「吸い応えの弱さ」が拭えませんでしたが、今回の新型プルームエスでは、前モデルの悪いところをしっかりとブラッシュアップできており、かなり好印象です。

これからも使っていこうと思います。

 

購入可能場所:CLUB JT オンラインショップ

他、コンビニエンスストアやタバコ専門店などでも購入可能です。