清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味について綴ります

プルームテックプラス レッドミントのレビュー

今回は11月1日新発売の「メビウス・レッド・ミント・プルーム・テック・プラス」こと「プルームテックプラス レッドミント」をレビュー・評価します。

コンビニ(ローソン)で500円でした。

味やにおいなど「プルームテック」と比べどのように異なるのか見ていきます。

 

まずは箱から

f:id:SeisoSakuya:20191101133755j:image

レッドラインが特徴的です。プルームテックプラスのパープルよりも分かりやすいかな?


f:id:SeisoSakuya:20191101133751j:image

またしても新税制についての記載があります。


f:id:SeisoSakuya:20191101133759j:image

箱の中にも「レッドミント」らしい感じがします。


f:id:SeisoSakuya:20191101133803j:image

リキッドは「MINT」という記載があり、パープルラインと同じです。

 

レビュー

この項では「味・におい」など多角的に評価、検討していき感想を述べます。

 

まず「味」について

レッドは現時点で「プルームテック」と「オプションレッド(紙巻)」がメビウスとして展開されています。

それを踏まえると「過去最高の出来」

といえるでしょう。

具体的には「完全にりんごの味」です。オプションレッドは「甘ったるくてりんごの砂糖漬け」という感じで「本当にりんごか?」と思うくらいに不味かったのですが、レッドミントは「完全なりんご」です。プルームテックの「レッドライン」は甘みを感じづらいので、改良版と言ったところでしょうか。

 

におい、煙の量について

やはりプルームテックプラス全般に言えることですが、嫌な(深いな)後に残るにおいというのはとても少ないです。

フレーバー特有の「レッド感」のにおいが後に残らないのが残念だと感じました。

煙の量ですが、これが結構多いんですよ。

煙と言っても水蒸気な訳ですが、紙巻きでなくても「あぁ~。吸ってんなぁ~」と思えるほどの煙の量です。

大満足。

 

やはり今回追加された中ではフレーバーラインの「パープル」も気になるかと思いますが、パープルは完全とまでは行かない「ブドウ味」に対して、レッドミントは「ほぼ完全なりんごフレーバー」のような感じ。

結構おすすめができるかもしれません。