清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、ゲーム、タバコレビューなど趣味について綴ります

IDOLY PRIDE VENUS STAGE 2022 "約束"の感想

皆様いかがお過ごしでしょうか。清楚咲夜と申します。

もうライブから二週間近く経ってしまいましたが、アイプラのライブの感想を残しておきます。

前回の2月に開催されたライブ「VENUS STAGE 2022"奇跡"」に続き、

今回は「約束」というわけで、CD(アルバム)の名前と同一で、今回参加した夜の部の最後で紹介があった

f:id:SeisoSakuya:20220714205313j:image

「未来」については、昼の部でアルバムが2022年秋に発売されるということで楽しみになりました。

いきなりライブ終盤の写メで申し訳ない!

 

ライブ開始まで

今回は、自宅から会場まで車で2時間程度でしたので、自家用車を使いました。んで、通勤車ばかり乗っていたので、久しぶりにGSに乗って向かいましたが、その道中に空気圧センサーの電池切れ?を起こしてスピードメーターに「空気圧センサ確認!」というチェックランプがついてしまい、いつディーラーに行こうかな、と考えています。

それはそれとして、今回のライブ会場は2021年にオープンした「立川ステージガーデン」でした。

f:id:SeisoSakuya:20220714205402j:image

外観から新しさが分かります。今回、自家用車で行きましたので、駐車場情報も記載しておきます。八王子インターから立川ステージガーデンまでおおよそ20分程度です。

私が駐車したのは「立川市北口第一駐車場」です。立川ステージガーデンまで歩いて10分程度の好立地でした。(夏は暑いね…)

こちらが地図です。12時間で1,000円という破格です。24時間でも1,500円なのでアリです。

 

今回は、夜の部(18時開場、19時開演)でしたが、物販の整理券を入手しておいたので13時までに着く必要があり、早い時間に来たというわけです。

f:id:SeisoSakuya:20220714205359j:image

アイプラのライブはクレジットカードが使えるほか、Suica等も使えるので便利!今回はAMEXのタッチ決済を利用して支払いました。サイン・PINレスなので現金を出すより早いです。

物販で色々と買えたので、しばらくの間待ち時間が生まれました。

私の場合、煙草を吸いますので、近くにカフェがあるかJTのマップで検索した結果、駐車した場所に近い「立川髙島屋S.C.」の6階にある「カフェ・ド・クリエ」にてたばこ+コーヒー休憩をしていました。

クーラーの効きはあまりよくありませんでしたが、iQOSのサンプルがあったため、珈琲を飲みがてらタバコを楽しむことができ、良かったです。

なんだかんだしているうちに、4時間くらい経ちましたのでライブ会場へ移動。

 

はっじま~るよ~

アイプラのロード画面で遙子ちゃんが言ってるやつ。

18時開場でしたが、密になり始めそうだったため、17時53分くらいから入場が開始していました。私は18時03分頃に入場開始。

いや~、クーラー効いていて最高!

と、今回の座席を探して移動。
f:id:SeisoSakuya:20220714205316j:image

この日は、3階Lブロック1列5番目でしたの。

見え方はこんな感じ。後ほど記述しますが、「思っているよりもよく見える」というのが素直な感想。結構前側かつ遮る物が特にないので、最高。強いていえば、最前列はスタンディング禁止。下を見ると床が見えます。(危ない)

前回の中野は最後方だったのでこれだけ前っていうのも初めてかも。(ミリ6thSSAの時が今回の状況に近い…はず)

 

対戦よろしくお願いします!

いよいよ始まりました!

最初はサニピの番でした!

「EVERYDAY! SUNNYDAY!」の冒頭「EVERYDAY いつもいつまでも…」が聞こえた瞬間にブチ上がり。キュイン キュイン 1,2,3,Go!!でライブモードに切り替わっちゃった。

 

その次に「サマーホリデイ」きちゃ~~~~!!!

もうね、夏といえばこれなんですよ。トロピカルなメロディに「それは夏のせい」で優勝!

早く声出せるようになるといいなぁ…「1234 夏のBaby Baby Baby…」

にしても割と早いタイミングでぶち込んできましたね。

 

サニピターン最後は、「全力!絶対!!カウントダウン!!!」!

サニピといえばサニピコールな訳ですが、みなさん「サニピー!サニピー!」で腕動かしてますか?動かそうね。

 

キタキタァァ!

そして続いて月ストのターン。

最初から「月下儚美」ときましたか。最初に感じたのが「あれ、中野のときに比べて圧倒的に歌唱力上がってませんこと!?」でした。成長が垣間見られる瞬間って、いいですよね。

私は夏目ここなさんの歌い方が好きなので、「何故に涙が出るんだろう」の「なみだが」の部分や「静かな熱はどうすれば…」の「なねつは」の部分で感動しちゃうオタクでした。

月ストといえばサニピが「赤」のイメージなので、対照的に「青」になるわけですが、内に秘めた強さというのが感じられる一曲でした。

 

続いて「恋と花火」、これはね、次回UO持ってこよう~と中野の時に思ったんですけど今回忘れちゃいました。

この曲に関しては彼氏ヅラして聴きましょうね。雰囲気を楽しむ曲ですので。

 

そして…新曲です。「裏と表」、興奮しすぎてあまり覚えていませんが、美しいメロディと美しい歌声というのは覚えています。

メロディが本当に綺麗。月ストにぴったりの一曲です。早く聴きたいな~

そうそう。\メイダヨー/が聞けたのですが、それに加え\サキダヨー/良かったなぁ!

 

嘘だよな…?

次は何!?と待っていたら、「星の海の記憶」じゃあありませんか。この瞳が…覚えている…

ん!!!!???と思った瞬間、琴乃+莉央(この時点であれ…リズノワメンバー来たんだという歓びもありましたが)Ver.で、それも麻奈の曲でしたから、感動してうるっときました。

麻奈…待ってたよ

 

んで、リズノワのこの瞳が覚えている」ターン。

「Dance 心を闇から取り戻せ…」でブーストがかかったかのような感覚になりました。オーバーシュート間近。

Shock out,Dance!!聴くとこの感覚が離れなくなりました。身体で感じる低音がクセになりました。

しかも こころ+愛のコンビですよ。新曲のオンパレード。

と思ったら、次にThe Last Chanceも来たので訳分かりません。ボルテージの高まりが感じらました。

 

圧倒的浄化

今回はトリエルのメンバーが来るということが事前に分かっていましたので、覚悟を決めていましたが、やっぱり最高。

もちょと目が逢いましたので。それこそ「この瞳が覚えている」ですよ。

Aile to Yellは割と人気曲といいますか、ここからアイプラを知った/始めたという人が多いかもしれません。他ユニットに比べて、音が綺麗(ロック等のテンションが上がるというよりもライブ曲のなかではゆったり目という意味で)ですから、じ~~っくりとステージ見て、身体で音楽を感じていました。

 

réaliser(レアリゼ)は今回のライブで最も重低音が感じられた一曲ではないでしょうか。

車のサブウーファーで聴くと「低音強過ぎんか…」と思うほどですが、このくらいのハコで、ライブで聴くからこその良さもありますよね。

低音に負けない歌声に脱帽。

アイマスライブ(2019年)以降、色々な社会情勢でライブに行けませんでしたが、この瞬間に「来られて良かった。」と思いました。

 

もう終わり!?

さあ、アイプラといえば「IDOLY PRIDE」(歌マスみたいにいい略称ないですかね…)派閥と私のような「Shine Purity~輝きの純度~」派閥がいますが、夜の部では「IDOLY PRIDE(歌プラという略称はどうですかね)」が星見プロとしての最初の曲になりました。

「ねえ…約束だよ…かけがえのないステージを…」

ここにきてフルブーストがかかりました。Shine Purity派閥ですが、これは仕方ない。

 

最後の最後に「Fight Oh! MIRAI Oh!」は反則だって。それこそ「カラダが止まらんって!」

サビにあわせてペンラ動かしましょうね~!

※ちなみにペンラのレギュはないですが、アイマスのレギュ準拠のペンラ持っていくと暗い感じがします。やっぱり単4の買うしかないですね。

 

アンコール

「それを人は“青春”と呼んだ」って、作曲がハニワだったんですね。帰宅途中に聴いていて、サービスエリアに寄ったときに知ってたまげました。

サニピ・月スト・トリエル・リズノワのセンターが揃って歌っていることに、感動を覚えました。ゲーム一話から追っていると、やっぱりこう来るものが。

 

そしてフィナーレには「サヨナラから始まる物語」が。

ああ…終わりなんだ…という曲ですが、それと同時にそこから始まる物語があるわけで。

じっくりと歌詞をかみしめて、リピート再生をしながら帰宅しました。

アイプラが分からん方に向けていうとアイマスでいうところの「自分REST@RT」に近い曲かもしれません。(個と全の違いはありますが、方向性としては似たような物かと)

 

頑張って生きる!

仕事が無いときの休み(オフの日)だからこそ、思いっきりリフレッシュできました!

仕事の都合上、どうしても土日が潰れやすい(高等教育機関勤務ゆえ)ので、オフの日は思いっきり発散することの重要さを改めて痛感したライブでした!

声は出せずとも、熱量が凄まじいライブでしたので、楽しめました。

 

ちなみに、今回はかなり動きました(なぜ)

声出せるようになったら消費カロリー更に高まりますね!

次回に期待!