清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味について綴ります

ローソンで「Visaのタッチ決済」を試してみた

今回は新しいクレジットカードを引っ提げて、コンビニエンスストアである「ローソン」へ行ってきました。

主な目的は「Visaのタッチ決済」と呼ばれている「Visa payWave」の検証です。新しく発行したカードは「三井住友SMBC CARDクラシック」です。後ほど記事を書こうと思います。似たようなカードには「三井住友カード クラシックA」があります。

と同時に、少し前にこのような記事を書きましたが、8月中に申し込みをしました。

Visaのタッチ決済(Visa payWave)のメリットなど

日本においては「iD」や「QUICPay」といったクレジットカード会社が主に行っている「後払い式電子マネー」が存在します。これには問題があって、日本以外では使えないことが大きなポイント。

f:id:SeisoSakuya:20190902150416j:plain

こちらの画像は「Apple Pay」を通して「iD」で支払ったものの画像です。

残念ながら「Apple Pay」ではVisaカードのタッチ決済を利用することが出来ないのですが、「MasterCard/JCB/AMEX」はApple Payを通しての決済が行えます。

f:id:SeisoSakuya:20190902151159j:plain

 「Visaのタッチ決済」と「Visa payWave」は何が違うのか、と言う点ですが正式な名称は「Visa payWave」です。最近になってからVisaJapanが「Visaのタッチ決済」というようになりました。

Visaのタッチ決済を使うには

では、皆さんが持っているカードで使うことは出来るのかという点ですが、お持ちのカードにこのようなマークがあれば、利用することが出来ます。

f:id:SeisoSakuya:20190904162515j:image

最近発行されたVisaのカード(クレジットカード・デビットカード)にはこのマークが付いていることが多いです。りそな銀行デビットカードには既についており、多くの方が利用できるかと思います。

 

実際に使ってみた

というわけで、住んでいるところが田舎というのもありますが最も近いお店で「Visaのタッチ決済」(Visa payWave)が利用できるのがコンビニ大手の「ローソン」しか無かったので、車を走らせて行ってきました。

今回は「Visaのタッチ決済」(Visa payWave)なので、Apple Payで利用が出来ないため実際のカードを持って行っての試験です。

f:id:SeisoSakuya:20190904162522j:image

こちらが、レシートです。

お会計の際に「iDで」とか「QUICPayで」と言う場面で「Visaのタッチ決済」を利用する場合は

「クレジットで!」

と言えばよいです。デビットカードとかにある書面では「Visaのタッチで!」とか「Visa 1回払いで」と載っていますが、理解されないこともあるので全てのお店で「クレジットカードで!」と言った方が伝わります。(クレジットカード・クレジットはお好きな方で…)

そして、クレジットカードのIC・磁気を読み取るリーダ(iDで払う時にかざす場所)にカードを近づけるだけ(Suicaで払うように)で、素早く支払いを終えることが出来ます。

反応速度は「iD・QUICPay」くらいに速いですが、カード承認時間が少しかかりました。1~2秒ほどだったと思います。

使った感想

日本でしか「iD」や「QUICPay」と言った支払いが出来ない中、全世界で利用できる「非接触決済」はiDのようにスピーディに支払うことが出来る上、「MasterCard/JCB/AMEX」であればApple Payに登録をすれば、カードを持ち歩く必要がほぼ皆無です。

決済速度も遅くなく、少額決済でも「クレジットカードを使っている感覚」が薄く、気軽に使えてよいですね。

不満点は今のところありませんが、強いて言うのであれば「セブンイレブン」で対応をしてくれればと思います。