清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味について綴ります

ウィンストン コンパクトメンソール・パープルのレビュー

皆様いかがお過ごしでしょうか。今回のレビューはまた国産(JT製)に戻って「ウィンストン」ブランドから発売されている「ウィンストン コンパクトメンソール・パープル」のレビューを行っていきます。

ウィンストンといえば、現在では私の愛煙している「キャビン」に始り、キャスター・イナズマメンソール・コンパクト(ブルー・パープル)などなど様々な展開がありメビウスに次ぐくらいのラインナップです。

残念なことですが、2019年12月に販売終了となります。

9銘柄廃止されるようです。詳しくは上記ページからご覧ください

 

それでは毎度のことながら、箱からご覧頂きましょう。

f:id:SeisoSakuya:20190707222419j:image

黒を基調としてデザインですが、ウィンストンブランドのパッケージ変更が2019年2月に行われたため、キャビンなどと共通のデザインとなりました。

パープルが特徴的です。


f:id:SeisoSakuya:20190707222326j:image

他の煙草と違って、なんと「19本入り」です。そのため、お値段はなんと410円。また、「コンパクト」と言うだけあって、箱も小さめ。具体的には後で紹介します。


f:id:SeisoSakuya:20190707222346j:image

タール5ミリ ニコチン0.5ミリとコンパクトながらも実力派です。


f:id:SeisoSakuya:20190707222410j:image

やっぱり、フィルター部分にはウィンストンの鳥がデザインされています。ウィンストン共通ですね。

 

コンパクトと比較

f:id:SeisoSakuya:20190707222317j:image

というわけで、キャビンと比較しました。長さはあまり変わりがありませんが、あくまで「長さ」です。フィルターの方から観れば一目瞭然。
f:id:SeisoSakuya:20190707222335j:image

微妙に細いの、分かりますか?


f:id:SeisoSakuya:20190707222400j:image

左が「キャビン」右が「コンパクトメンソールパープル」です。それでは、レビューをご覧ください。

 

レビュー

というわけで、開封をします。

「お!匂いがブルーベリーガムだ!」

最近観なくなりましたが、昔のファミレスとかによくおいてあったロッテのブルーベリーガムのような匂いがします。今までのメンソール煙草とは違って、匂いで差が付いています。

例えば、メビウスのパープル

これについては、「ブルーベリー」というよりも「ブルーベリーと柑橘系の何かを混ぜたような匂い」だったので、匂いに限っては「コンパクトメンソールパープル」の勝ち。

実際に吸ってみましょう。

「あれ、味がしないな?」

 そうです。カプセル内蔵ではないので「フレーバー」によっていません。そのため、あくまで「パープル」というのは匂いを愉しむくらいのものでした。

そんなわけでずっと吸ってみますと、「メンソール」と煙草の味の相性が少し微妙かな?と言う印象を受けます。嫌な部分をメンソールで隠しているというか。

コンパクトと名が付いているので「どうせ3分くらいで終るんだろうな」と思っていましたが、5分持ちました。平均すると4分30秒ですが、意外と持ちがいいです。これは「クールループド」よりも長持ちすると言うことになります。

しかし、「ロングテイスト」という名前があるので満足感はGoodです。この価格ならアリかなと思いました。

思えば、冬の寒い時期に駅の待合所(喫煙できるところ)で吸いましたけど、周りが寒い方がかなり美味しいですね。