清楚咲夜の日記

清楚咲夜の旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味について綴ります

未成年でも「JAL CLUB EST」の発行ができるか聞いてみました

皆様、JALカードをお持ちでしょうか。

私が、家族にANAカードやJALカードを勧めているところでありますが、家族に未成年者がおり、カードの切替画面で「JAL CLUB EST」の切替画面のみが表示されている者がおります。

「切り替えできるならしたい」ということで、私も20代と言うことなのでJALカード(アメックス)をESTに変更するついでに、JALカードに電話で聞いてみました。

 

現在、持っているカード

皆、JALカードAMEXを発行して持っております。

f:id:SeisoSakuya:20190521012313p:plain

これは私の「JALアメックス」ですが、発行した時の記事をご覧頂ければ幸いです。

所有して1ヶ月ばかりですが、私が最初から「JAL CLUB EST」に加入しなかった理由として「デザインが微妙」という理由でした。

しかしながら、JAL CLUB ESTのサービス(メリット)を見ていると「いいじゃん!」と言うことになり、今回切り替えると言うことに至りました。

家族も同じです。

f:id:SeisoSakuya:20190608123632p:plain

ちなみに、画像は「MasterCard」ですが、AMEXでも発行をしております。※ただし、初期カード(普通カードなど)でAMEXを選択している場合にAMEXを選択可能。他も同様。

 

JALカードの切替画面の表示内容

一番はこれが気になるかと思います。本人に承諾を得てスクリーンショットを撮影しました。

f:id:SeisoSakuya:20190608121618p:plain

これだけしか表示されておりません。

本人曰く、「普通カードからESTに替えられるなら、すぐに切り替えたい」ということで、私も同時に替えようと思っていたので「JALカード」に電話して聞いてみました。

 

JALカードの電話にて答えを得ました

「すみません。JALカードの普通カードを持っているのですが、未成年者ですがJAL CLUB EST切替画面が表示されています。切り替えられるのでしょうか」

と訪ねました。

「少々確認致しますので、しばらくお待ちください」ということで、数分待った結果…

 

「未成年の方でも、ご希望であれば18歳でも19歳でもJAL CLUB ESTカードの発行を承ります。インターネットの画面からお切り替え手続きを頂ければ幸いです。」

 

という答えを頂きました。

他のサイト様ですと、「未成年はJAL CLUB ESTを持てない!」という記載がありますが、実際に確認しているわけではありませんので、電話確認してみて正確な答えを得られました。

f:id:SeisoSakuya:20190608122245p:plain

実際に、「JAL CLUB ESTへの入会」という画面のみ表示されており、他のカードへアップグレードなどは一切表示がありません。

 

学生でもJAL CLUB ESTは発行できるのかと言う点について

学生の方であれば、こちらのカードを持っていると言う方が多いと思います。

f:id:SeisoSakuya:20190601115607p:plainf:id:SeisoSakuya:20190601115630p:plain

JALカード navi」です。

こちらは、学生専用カードと言うこともあり、学生のうちであれば「JAL CLUB EST」よりも、お得なカードですのでわざわざ「JAL CLUB ESTカードが欲しい」という方は珍しいと思います。

しかしながら、JAL CLUB ESTカードの特典は魅力です。

家族は皆、働いておりますのでnaviは持っていませんが、JALカード naviからESTへの変更は原則として不可能であり、普通カード以上のクラスを持っている方が入会できる「JAL CLUB ESTカード」です。

学生の方は、社会人になってからJAL CLUB ESTカードを発行するのが一番いいと思います。

年会費がESTの場合はかなりかかってしまう事や、審査の面において普通カードとは異なる形態をとっているためです。

 

結論~まとめ~

JAL CLUB ESTカードは原則として成人が所有できるカードですが、例外で未成年でも「本人がJAL CLUB ESTカードの発行」を希望している場合は発行の手続きができる。

学生であれば、JAL CLUB ESTのサービスは魅力的ではあるが「年会費」など様々なコストがかかるので、学生に特に優遇されている「JALカード navi」を所有するのが一番賢い。

 

ということでした。