清楚咲夜の日記

清楚咲夜の旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味の日記

【ミリシタ】大画面スマホと普通のスマホはどちらがいいのか

皆さんこんにちは。清楚咲夜と申します。

今回はアイマスネタということで、「ミリシタのプレイ環境」について。特に「画面サイズ」に注目していこうと思います。

私が現在所有している「iPhone」シリーズでの比較となりますが、画面サイズが異なるので、Androidでも参考になるかと思います。

 

所有しているスマホについて

現在私が所有(主に使用)しているスマホです。

f:id:SeisoSakuya:20190912212800j:plain

左から

  • iPhone6s Plus

A9プロセッサを搭載しており、詳しくは後述しますが動作のスムースさ(fps)に少し限界を感じつつあります。

画面の大きさは「5.5インチ」です。ちなみに、64GBモデル。

  • iPhone7

A10プロセッサを搭載しています。画面の大きさは「4.7インチ」で、"Plus"シリーズがフルHD画質に対して、こちらはHD画質ほどです。128GBモデルを購入しました。

 

ちなみに、どちらも金色です。(私がガラケーの時から金色端末を買っているので)

4.7インチスマホというと、黎明期の「大画面」が売りのスマホ程度で、最近ではほとんどのスマホが5.5インチくらいになりました。

 

実際に「ミリシタ」をプレイ。

というわけで、「iPhone」のPlusなしとあり(Plusモデル)ではどのくらいの差があるのかというのを見ていきます。画面サイズによってどのように変わるのでしょうか。

f:id:SeisoSakuya:20190912213438j:plain

(こちらはスクショを撮影したものです)こちらの写真だけでも、画面の大きさの違いが分かるかと思います。

 

プレイする曲は「ビッグバンズバリボー!!!!!」です。両方の端末で同時起動させることが出来ないため、双方、各端末で「オートモード」でプレイしたもののスクリーンショットを表示します。

f:id:SeisoSakuya:20190912213707j:plain

まずは「ノーツの大きさ」

正直言って、見た目はそう大きく変わっているように見えませんが、プレイしてみると結構な違いに気づくかと思います。

大きさは「iPhoneのホームボタン」くらいの大きさくらいだと思います。

 

しかし、「iPhone6s Plus」の方を拡大してみてみると「1.2倍くらいの大きさなのでは」と思ってしまうほどです。

f:id:SeisoSakuya:20190912214049j:plain

上が6s Pで、下が7です。

 

もとの画像はこちらです。

f:id:SeisoSakuya:20190912214145j:plain

683コンボで、丁度同じ位置にノーツがあったので撮影しました。

ぱっと見だと分かりませんが、拡大することによって大分差が分かります。

 

「ビッグバンズバリボー!!!!!」のような小回りがきかないとミスしてしまう曲の場合、連続するノーツだと「iPhone7」のほうがプレイしやすいのですが、683コンボの譜面だと、ノーツの1つ1つの大きさが大きい「iPhone 6s Plus」のほうが入力しやすいと思います。

 

f:id:SeisoSakuya:20190912214411j:plain

続いては「各表示の画面占有率」について。

ミリシタにおいてはこれらの表示を消すことも出来ますが、「スコアアップ」など「スキル表示」が表示されます。

アス比がどちらも同じなので、正直なところどっちでも変わらない気がしますが、「ノーツ予測(先読み)」に関しては「iPhone 6s Plus」のほうがいいと思います。

反対に、すぐ修正が効く(ミスをしそうな時に)のは「iPhone7」です。

 

実際の感想

f:id:SeisoSakuya:20190912214804j:plain

個人的ですが、「iPhone 6s Plus」でクリアできない曲(オーバーマスター)が「iPhone7」でクリア出来た、と言う例があるのですが、やはり「ノーツ数が多くなるにつれて~5インチ位のスマホ」が具合いいのかな、と思っています。

しかしながらその反対に、「IMPRESSION→LOCOMOTION!」はiPhone 6s Plusのほうがコンボが続きます。

おそらく、小回りがきいてもノーツが小さい(複雑)なので、ほんの少しの大きさの違いなのですが、ノーツが大きく感じられる「iPhone 6s Plus」のほうが続くのかもしれません。

 

A9とA10の違いを感じる場所

ALLの「MUSIC♪」がありますが、スペシャルアピール前の「大きなノーツ」があります。スペシャルノーツというのかわかりませんが。

A9の「iPhone 6s Plus」だとノーツまで不自然な動作がないのですが、ノーツを押す瞬間だけ(ほんの僅かコンマ数秒)フリーズして「MISS」判定になってしまいます。

 

おそらく、「アナザーアピール」「スペシャルアピール」の判定でロードが遅れたのか、単に映像の表示が遅延しただけなのか、一時的にCPU使用率が跳ね上がったのか分かりませんが、毎回発生していました。

A10の「iPhone7」にしたら動くようになりましたが。

 

起動に関しては「注意事項」が出るまでは「iPhone7」のほうが速いですが、そこから起動画面に移るロード時間は「iPhone 6s Plus」のほうが速いです。

その一方で、起動画面→ホーム画面(控え室の画面)までは決定的に「iPhone7」のほうが速いです。

謎ですが。

 

今回はこの辺にしておきますが、iPhone11が発表され、Xsが安くなりそうなので5.8インチ、6.2インチの検証も行ってみたいと思います。

(他に所有しているAndroid端末がありますが、某H製なのでオフライン使用のため検証が出来ません。)