清楚咲夜の日記

清楚咲夜の旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味について綴ります

ウエスト アイスフレッシュ 8mg レビュー

今回は、ドイツ製の紙巻タバコ(400円!)を購入してみたのでレビューします。

 

f:id:SeisoSakuya:20190605235500j:image

エスト(ウェスト) アイスフレッシュ 8mgです。

f:id:SeisoSakuya:20190605235524j:image

ドイツ製ということで、ゴロワーズとかそういう系統なのでしょうか!?

 

f:id:SeisoSakuya:20190605235608j:image

タール8mg ニコチン0.6mgです。

 

f:id:SeisoSakuya:20190605235631j:image

封にはWestという記載があります。

 

f:id:SeisoSakuya:20190605235650j:image

なんと!コルク調(コルク柄)ではありませんか!

ぱっと見、マールボロメンソールのようなデザイン(シガレットまで似せているとは…)です。

 

実際に吸ってみて

LARK ブラックメンソールのような8mgなのに煙の量が多い!

というのが一番最初の感想です。タバコの風味はガチッとしていて、濃厚な味わいです。

今まで吸ってきたもので似ているものを想像しましたが、何一つ当てはまりません。強いて言うなら、アメスピ(アメリカンスピリット)のような感じかもしれません。

 

メンソールの強度ですが、パッケージには「ストロング メンソール」と記載されています。

f:id:SeisoSakuya:20190606000008j:image

1本目はそんなに強さを感じませんでした…

しかしながら、2本目にカルピスを飲みながら喫煙したところ「グサッ」とくるようなメンソールを体感しました。

メビウスのオプション系,フローズンよりはやや弱めですが、いい線をいっています。

 

特徴としては、煙の量が多くコルク柄という点が評価ポイントでしょうか。

においに関しても、そこまで強くないという印象を受けました。