清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、ゲーム、タバコレビューなど趣味について綴ります

アイプラ×シーパラ 里帰りライブの感想(9月3日 サニーピース)

皆様いかがお過ごしでしょうか。清楚咲夜と申します。

ちょうど1週間前(9月3日)に、八景島シーパラダイスにてアイドリープライドの「里帰りライブ」が開催されました。(掲載写真は全て撮って出しなので現像してあるのはTwitterご覧ください)

9月2日より14日まで各種コラボ企画が開催されており、園内の至る所に等身大パネルが設置されているほか、金沢八景駅等でも同時にスタンプラリー企画が開催されています。

本内容は別に記述するとして、今回は「里帰りライブ」こと「スペシャルイルカショー」(名目上)の感想を書いておきます。

 

 

ライブ開始まで

当日は朝4時に起床し、長野県から4時間ちょっと(到着は8時45分)かけて八景島シーパラダイス付近に到着。ちなみに、今回駐車場は「タイムズシーサイドスパ八景島」を利用しました。

八景島シーパラダイスの提携駐車場より少し駐車料金は高いですが、シーパラまでのアクセスがよく、クレジットカードも利用できるためです。(提携駐車場は現金オンリーなので)

10時過ぎにチケットの引き換えを行うまでは、園内の等身大パネルを探し出していたほか、コラボグッズ購入の待機列に並んで時間を潰し、それ以降はスタンプラリー企画の参加、舞台探訪等を行いました。

(全ての写真はTwitterの固定ページよりご確認下さい。また、後日イベント詳細リポート_全体版を掲載予定ですのでお待ちください。)

 

18時45分に現地集合となっていました。

(写真再掲)

 

18時45分以降、整理券番号順に並ぶこととなりました。今回は仕事中にチケットの応募を行いましたので整理番号~50をゲット。

てなわけで、待機列は100番ごとに区切られての整列となりました。

整理番号1,600番までアナウンスがあったのですが、参加者自体は1,000人くらいなんですかね。不明です。

 

ライブ直前~1曲目

今回は前から2列目という神席でした。

事前にどこでやるのか不明でしたが、割と前の席で正解だったみたいです。

19時30分から開始でしたので、それまでは待機。

 

始まりました。

最初は、朗読劇?から始まりました。

「里帰り」にちなんだストーリーで、司会が「コンまる」の2名(菅野真衣さん(川咲さくら役))と、高尾奏音さん(白石千紗役))が務めていたはずが…佐々木奈緒さん(みんなのおねえさん 佐伯遙子役)が務めていることになっているサニピらしさ溢れる朗読劇でした。

挨拶の「佐伯遙子 17歳です!」う~ん、いいね!これが聞きたかった!

また、朗読劇中では一ノ瀬怜の名ゼリフ「オトクッ!オトクッ!イマダケオトクッ!ブリ!ブリ!ブリ!2割引き」を現地で聞くことができました!

アイプラ×シーパラということに加え、「里帰り」ということでもありますので、遙子ちゃんと麻奈が仕事で来たと言う内容(これはスタンプラリー企画でも回収可能)、兵藤雫の趣味である釣りはシーパラでも体験することができますが、それにちなんで雫の魚オタクぶりが垣間見られるストーリーでした。

千紗に関しては、姉である沙季との思い出ばかりがあるということ、さくらちゃんは「川咲さくら 完全復活!」でした。(ジェットコースターで胃の中の物が飛び出そうという内容ww)

アドリブ?で「久しぶり」と魚の「ブリ」をかけているのでは、という高尾奏音さんのコメントが面白かった。

また、沙季といえばスタンプラリーにお熱があるというのも面白かったですね。(最近のストーリーで地理が学べる大学への進学を考えていることが明かされたので、地理学を学んだ身としてはぜひ!と思ってます)

後は「アイプラ生放送」で豊崎愛生さんの発した「八景島シーパラダイス」の略称である「八景」から「八景さん」というのもありました。

 

あ、ちなみに今回のサニピメンバーの並び順は以下の通り。(ステージ左手より)

・兵藤雫役 首藤志奈さん

・佐伯遙子役 佐々木奈緒さん(目の前でした!やったぜ!)

・川咲さくら役 菅野真衣さん(センター)

・一ノ瀬怜役 結城萌子さん

・白石千紗役 高尾奏音さん

という順番でした。

また、今回は全員何かしら「白色」のアクセサリーを身につけている旨お話しされていました。いつもの衣装ではなく、実際に水族館で使用されている制服?(っていうのか作業服なのか…)を身につけ、ライブ・朗読劇に臨まれていました。

 

さて、朗読劇も終わりライブが始まる前にみなさん水を飲むわけですが、目の前で首藤志奈さんの水の位置が分からなくなるということや、佐々木奈緒さんの「事前に貼っておいた位置のシール?が分からない」などサニピらしさをここでも感じられましたwww

 

1曲目は「SUNNY PEACE HARMONY」です。

声は出せませんが、来場者一同、光や拍手での応援となりましたが一体感を持った応援、レスポンスがみられました!またライブの良さが分かっちゃった…

サビの「この想い この胸に一緒に キラキラと輝いてゆこう 明るく君を照らしたい サニピー!サニピー! 抱きしめて今すぐにどうしよう ドキドキが止まらない会いたい 5つのピース重ねれば星になるんだ いつでもきらめきたい」

で、私はあの振りをしていたのですが(斜め前の方もそうでしたがw)、佐々木奈緒さんに観測されてお互い笑っていました。

前列のよさってこうなんだ~というのも勉強になりました!(イルカのぬいぐるみ持っている方もいました)

ライブでの盛り上がり、里帰りだからこその盛り上がりというのが実感できました。(里帰りという意味が今回のイベントではとても重要度の比重が高いと思いますので)

7月に立川でライブしたばかりですが、やはり定期的に「聴く」ではなく「感じる」音楽の重要性が身をもって実感しました。

 

スペシャルな2曲目

SUNNY PEACE HARMONYが終わった後、ここで「スペシャルイルカショー」の理由が分かりました。

みなさん移動して、水槽のある方へ行きました。イルカとのふれあい開始です!

今回は、飼育員さんでは無くサニピメンバーが

腕を回すことによってイルカも回転するなど、「イルカショー」そのものです。

で、イルカたちとサニピのコラボ(この時点で多重コラボですね)が始まりました。なんと、イルカが「IDOLY PRIDE」(歌マスみたいに略称あればいいですが。歌プラ?)の音楽に合わせて動き回るというものです。ダンスって言っていいのかな。

訳の分からない感動がありました。

 

で、この後2曲目である「サマーホリデイ」が始まりました。

もちろん、サニピとイルカのコラボレーションです。

曲が始まる前に「9月でも夏ですよね」というのは頷けました。暑いもん。

サマーホリデイは毎回記憶飛ぶのでスミマセン…

楽しかったことと、満足度が極めて高かったことは覚えています。

このときにもサビで振りをして双方が笑っている状況でしたww

2番目サビの後に名前呼ぶのあるじゃないですか。あのパート凄く好きなんですよね。それぞれの担当色を振っているのが。(私は遙子ちゃんが好きなので紫×3の装備でした)

 

1時間ほどの公演・スペシャルイルカショーとなり、今までいくつもの現場に行ってきましたがその中で群を抜いてレベルの高いかつ、違うベクトルでのライブの楽しさが感じられ極めて満足度の高いライブでした。チケットの値段も「え、8,500円でいいの?本当に?」と思うライブだったと思います。正直1万超えてもいいくらいの内容の濃さでした。

やはり、イルカと共演という「ライブ」としての特異性と意外性、付加価値が特に素晴らしいですね。

金沢八景という現実と、星見市という空想が交差する瞬間の、アイドリープライドだからこその「里帰り」という形でのライブを今回限りではなく、引き続き何かしらの形で取り組んでいただけるといいのかな、と思いました。