清楚咲夜の日記

清楚咲夜の旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味の日記

キングブレードone1R を買いました。 MIX PenLa PROと比較も!

楽天市場で、コンサートライトである「キングブレードone1R」を購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

時間指定可 キングブレード KINGBLADE one1R ワンアール
価格:2670円(税込、送料別) (2019/5/15時点)

 

丁度、ポイント10倍の時に買ったので実質2,300円ほどです。希望小売価格より少し高いですが、扱っているお店が少ない+送料込みということで購入。

ということで、早速開封をします。

 

f:id:SeisoSakuya:20190515000705j:plain

こちらが、化粧箱です。

6月下旬だったか7月にはone1RにBluetooth機能が搭載されたone1RBが発売されるようです。Bluetooth付では事前にスマートフォンを通して配色が設定できるようなので、セットリストが分かっているとか、アイドル(FairyとかAngel)によって光る色が設定できるというのが魅力です。

今回、6月29日30日に行われる「アイドルマスター ミリオンライブ!」の福岡公演に間に合わせるために購入を致しました。

 

f:id:SeisoSakuya:20190515000709j:plain

"The Best of Pro"という文字があります。

ProというのはMIX PenLa"PRO"のような「プロデューサー」を意識しているのでしょうか。

 

f:id:SeisoSakuya:20190515001039j:plain

ボタン電池「LR44」を6つ使用します。

あらかじめテスト用電池が内蔵されています。アイマスライブのレギュレーションでは「ボタン電池駆動」のコンサートライトとUOが認められているので、単3電池のコンサートライトが使用できないので、ありがたいです。

 

では早速、MIX PenLa PROと比較をしましょう。

f:id:SeisoSakuya:20190515001259j:plain

まず大きさですが、レギュレーション範囲内の大きさ。

MIX PenLa PROとone1Rは、取っ手部分の長さが異なる程度で、実際に光る部分はあまり変わりません。

 

また、MIX PenLa PROは帯の紙状のものが反射するタイプですが、one1Rは金色です。

 

それでは、実際の光具合を検証します。

※撮影がα77ということでできるだけ近いWBに設定しましたが、ややアンダー気味に撮影をしています。暗くて見えん!と言う方はお手数ですが、携帯電話の光量調整をお願い致します。

 

左側が「MIX PenLa PRO」で右側が「one1R」です。

まずは青色。

f:id:SeisoSakuya:20190515002236j:plain

写真だと少し分かりづらいかもしれませんが、MIX PenLa PROとone1Rはあまり青色に関しては違いが見られません。

 

次に紅色

f:id:SeisoSakuya:20190515002241j:plain

アンダー気味に撮影しているわけですが、「どこまで光っているか」を検証するためにわざとアンダーにしています。

赤色にすると顕著な差が分かります。

MIX PenLa PROの方は先端まで光りきれておらず、one1Rの方は先端まで綺麗に発色しています。

 

次に白色

f:id:SeisoSakuya:20190515002245j:plain

RGBWY LEDをどちらも採用していますが、MIX PenLa PROの方は雪歩っぽい色と言いますか。少し輝いている白色(先端まで光っていないので)ですが、one1Rの方がどちらかというと純白な白色という感じです。

 

次にピンク色。

f:id:SeisoSakuya:20190515002251j:plain

間違えてAWBにしてしまったので、紫っぽく見えますがMIX PenLa PROの方はやはり先端まで光っていないので、取っ手部分と異なる色に見えます。

対して、one1Rの方は色が均一に見えます。

 

最後に、(個人的に)最も色を出すのが難しい「紫色」

f:id:SeisoSakuya:20190515002254j:plain

あずささんのイメージカラーでもありますが、私の車の色でもあるのでかなり厳しく見ます。

3本目(一番右)には、あずささんのペンライトをおいています。専用色なので、一番綺麗に光っています。

やはり、MIX PenLa PROもone1Rも紫に関しては「やや異なる紫色」になってしまいます。

あえて言葉にするなら、MIX PenLa PROの方が「白っぽい紫」でone1Rのほうが「黒っぽい紫」になっています。

紫に関しては色が変えられるコンサートライトよりも、紫色のみ光るコンサートライトの使用をお勧めします。

 

最後になりますが、MIX PenLa PROとone1Rの操作が逆です。

MIX PenLa PROは起動は「右ボタン」ですが、one1Rは「左ボタン」です。

この辺りにさえ柔軟に対応できればいいかと思います。

また、MIX PenLa PROは24色切替ですが、one1Rは15色切替です。

絶妙な色を出したいときには「MIX PenLa PRO」

発色の綺麗さ、明るさを演出するなら「one1R」という使い分けがおすすめです。

one1R独自機能として、背後のボタンがありプリセットされた色に飛ぶことができます。(例えば「約束」では青色ですが、次に「紅白応援V」になった場合、赤に飛ぶ)

初期設定は赤色なので、そのままでもいいかなと思っています。

 

 

 

www.sakuya765.work