清楚咲夜の日記

旅行、クレカ、音楽、ゲーム、写真など趣味について綴ります

アークロイヤルのレビュー

というわけで、今回は変わり種のタバコレビューです。その名も「アークロイヤル」なんだそれ?と言う方もいらっしゃると思います。ウルグアイ製のものですが、パイプ用の葉を使用しており芳醇な匂い、味に包まれます。

f:id:SeisoSakuya:20190713183844j:image

パッケージはこんな感じです。一般的なコンビニにはおいていることが少なく、ちょっとコアなコンビニで見かけることがあります。


f:id:SeisoSakuya:20190713183847j:image

アークロイヤルは他にも種類がありますが、なんとアークロイヤルのオリジナルは

タール18ミリです!

わかば相当に重いですが、実際にはあまり18ミリらしさを感じるきつさではありません。ニコチン1.2ミリは結構あると思いますが。


f:id:SeisoSakuya:20190713183858j:image

アークロイヤルといえば、「碇(いかり)」をモチーフにしたデザインですね。

パイプフレーバーとあるように、元々はパイプ用の余り物を採用していたわけでその名残(今でもそうかもしれません)です。


f:id:SeisoSakuya:20190713183851j:image

ソフトパックのみです。他の種類(アークロイヤル スウィート)はボックスです。


f:id:SeisoSakuya:20190713183902j:image

紙巻きですが、なんと言っても紙が白色ではありません。茶色です。


f:id:SeisoSakuya:20190713183854j:image

キャスターマイルドと色の比較をしました。

色以外にも、フィルターの短さが結構気になりますね。

フィルターは一般的なプレーンフィルターでしょう。

 

レビュー

実は3回目なのですが、3,4ヶ月経つとこの甘さを求めるようになります…

さすがは18ミリということもあって、

煙が多い!

 

吐き出す煙は甘い匂いがします。例えるのなら、チョコレートのような、バニラのような匂いですね。それでいて口の中がかな~り甘いです。

18ミリなので細心の注意を払いながら、クールスモーキングを心がけないと味がめちゃくちゃになります。結構繊細です。

チェーンスモークするのは結構負担がかかるのでおすすめできません。というのも、連続して喫煙すると苦みが少し目立ち始めます。

 

また、外で喫煙する場合にその甘さが少し隠れてしまう場合があります。風が強いとなおさら。室内の方が味を愉しめますね。